カートをみる ログイン&新規登録 ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

皓洋窯のこと

皓洋窯のこと皓洋窯のものづくり

伝えたいのは焼物の持つ地肌のぬくもりと、
受け継いだ伝統や技術に育まれた
「作り手のこころ」かもしれません。


==============

西九州波佐見・有田インターより県道を車で5分程。
有田窯業大学、有田工業高校のそばを流れる有田川の
ほとり、桑古場(くわこば)という地区に
皓洋窯はあります。

この窯の三代目が「前田洋介」さん、若干34才。
祖父達也さんが「達山製陶所」をこの地に築いたのが
昭和22年、主に徳利や盃を焼く窯としてスタート。
その後、食器を作るようになり、お父さんの「皓」さんが
手捻りという手法を用い、素朴で呉須と呼ばれる藍色が
特徴の、どこかやさしい雰囲気の焼物で人気が高まり
窯の礎を築いていかれました。

平成10年に東京のデザイン専門学校を卒業して
家業である焼物の仕事につき、父のもとで修業の日々
平成15年窯の名前を皓さんの「皓」と洋介さんの「洋」を
一文字づつとって「皓洋窯」と命名し現在へと続きます。
以来、親子で納得いくまで染付の技術の向上、
陶土や釉薬の調合から窯の焚き方に至るまで、
すべてに妥協をしないで、使いやすさと暖かみのある
焼物つくりに余念がありません。

自分が作ったものはまず自分が使う
実際に使ってみて初めて使い手であるお客さまの
気持ちがわかるから、もの作りに反映させていきたいし、
これからもずっと、使う人に対する思いやりがこもった
商品を作り続けたいと話す洋介さん。

なんだか頼もしい限り
今後の皓洋窯がとても楽しみです。

==============
皓洋窯のひととなり(バーベーキューの巻)
藍土な休日残暑がまだまだきびしい秋のはじめ、リニューアルが決定してから依頼していたサンプルが完成し、皓洋窯さんへ。。

思っていた通りの出来上がりに大満足!急遽、追加で大きめの鉢もお願いすることにしました。

そして、その日は藍土のスタッフも皓洋窯さんのバーベキューにおよばれ。
うつわ談議に花がさきます。
洋介さんに美人の奥さまミキティー。
今も仲睦まじい、お父さんにお母さん。
くわえてイケメン(独身)職人さんとみんな和気あいあい

佐賀牛に、奥さまのおいしい手料理と
お酒もすすみ、、(笑)
皓洋窯の商品は窯の一体感が醸し出すハーモニー
なんだと納得の藍土スタッフでした。
◆皓洋窯さんの特集ページはコチラ→
特集

ページトップへ